車関係・整備

何の音?車リアから聞こえるゴトゴト音。3つの方法で解消できた?私のやったこと

写真とは違い今はドノーマル純正の足回りです。

さっそく今回のゴトゴト音です(音声)

走行中にリアにスマホ置いてました。座席の上ではありません。

走行中なので聞き取れにくいかもしれませんが、コツコツやゴトゴト言っている音が今回の気になっている音です。

音のなるようなものはなるべく車から降ろしています

私は整備士でもなんでもありません

なのでしっかりした整備ができる人から知りたい人はそうしてください。

というか車屋に修理にもって行きますよね。

ぶりはむ
ぶりはむ
 私はただただ何でも自分でやりたいって人ってことです。
YouTubeちゃんねる開設しました。[かすたむ・くえすと]YouTubeちゃんねる開設しました かすたむくえすと YouTubeちゃんねる チャンネル登録よろしくお願いします。モ...

 

今回した作業は

  1. マフラーのブッシュ交換(簡単)
  2. ショックアクソーバー交換(思ってもないトラブルに・・・)
  3. サスペンション付属品取り付け

全てに問題があったと思いますし、サスに関しては今までそのままで何の音もなく問題なかったですが今回取り付けたことで解消に近づけたかと

はっきりいうと、今回の作業でリアからのゴトゴト音は一様は解消されたように思います。

今のところは気にならなくなりました。(10キロ以上は走行)最初はひどかったので。

まだ長距離走ってないのでもしかしたら長距離走るとどうかはまだ解りません。

今回の車はワゴンR MC22S

でして2002年ぐらいにでたかなり古い車。

色々と自分でカスタムしたりして愛着があったりで、乗り換えるタイミングもないままずっとのってます。

といってもほとんど乗らないんですけどね。

乗り出してから15年?近くなるので、それは色々と劣化もしてきますし問題が出てくるわけですよ。

ぶりはむ
ぶりはむ
改めてみるとそんなに乗ってたんやね

そして今回のゴトゴト音はかなり気になり、何とか見つけて解消と始めたわけです。

車のゴトゴト音は

中々やっかいな問題みたいですね。

車からコトコト・ギシギシ・カタカタ・キュキュ・ガリガリなど色々な音から判断して問題箇所を探していかないといけないんです。

足回りからなのか?タイヤなのか?どこなのか全くわからない状態からのスタート。

1個1個潰していくしかない・・・

今回の問題はリアからのゴトゴト音。段差を走行したときにゴトゴトと工具箱の中身が動いているような音でした。

最初は気になりはしてもそのままだったのですが、そうも行かず少し長距離を走ると走行距離が伸びるごとに音が激しくなっていく感じがしました。

まず最初にやったのが『ブッシュ交換』

音がどこから鳴っているのか?それが一番大事とリアの足回りだということはわかる。

そして色々と触ってるとある部分を揺らすとコツコツと音がしました。

原因はこれか?と最初に見つけたのが、マフラーでした。

マフラーは純正。マフラーは車体に吊り下げているように車についているんですね。

それを支えるのがブッシュ(ゴム製)という部品

これは今付いている画像なんですが、劣化して少し亀裂入ってますよね。このブッシュで車体からの振動を抑えているんです。これ交換したことがあるのか?レベルで覚えていません

なので交換します。

車体にはボルトで止めていているので、上にあるボルトを緩め、下はマフラーに丸ステーがでているのでそこにはめているだけです。

これを取ります。今回はリアからの音だったので後ろ側から2つ交換しました。

左が新品・右が外したもの。下は切れ込みいれて取りましたが上側が取れているのは劣化でこのような状態になっていました。

これではしっかりマフラーを支えれていない=ゴトゴトの音の原因かと

交換後マフラー揺らしても音はならなかったので、これでゴトゴト音が解消されたと喜んでいたのですが・・・

これだけでは解消されませんでした。

カスタムペイント解説まとめ小物ペイント https://www.youtube.com/watch?v=j5UBLeZc1Jc&t=60s ...

次に作業したのは『ショックアクソーバー交換』

ショックアクソーバーは足回りの大事なとこ。

もしかしたらショックが死んでるんじゃないかと最初に思いました。

底付きのような感じもしていたので。

新しいショックを購入(といってもヤフオク)まだこれといった原因もつかめていない状態での探り探りで作業進めているので、中古でいいと判断しました。

その中古ショックが悪い業者から買ってしまい、交換してものゴトゴトが直らなくて原因の迷子になってしまうリスクはありましたが。

いや素直に修理に持っていけばよくない? 
ぶりはむ
ぶりはむ
見つける楽しさ、自分で解消できたって嬉しさがここにある 

交換します。 まずはタイヤを外すためにジャッキアップ

タイヤが浮くか浮かないかぐらいまでジャッキを上げて、タイヤのナットを緩めます。

ぶりはむ
ぶりはむ
ジャッキあげないまま、ナット緩めるとネジがなめる。上げすぎると緩めにくいので 

黄色い上部破けたものがショックです。その右に見えるのが先ほど交換したブッシュですね。

ショックは上下2箇所ボルトで固定されています。

車体上げた状態は大変危険です。くれぐれも注意してください。私が今回使っているパンタジャッキだけでは安定性にかけますのでウマというジャッキ補助に使うものがあるので使ったほうがいいです。

だから危険なのは業者に任せようよ。プロに
ぶりはむ
ぶりはむ
本当にそういうことです 

 

上のボルトは左に線が引いているように長いボルトです。その反対側にはナットが付いているので奥をスパナなどで固定して手前を緩めます。

下側は奥側だけを緩めれば外れます。

下部分のショックを外した画像です。

左が外したショック。右が交換する純正ショック。

長さが違いますね。これが原因なのかどうなのか・・・。

実はこの車昔にエアサスが付いていてエアーで車体を上下できるカスタムのひとつですね。

もうエアサス外して何年も経ちますが、ショックは特に問題ないだろうとそのままにしていました。ショックが長いと車高が下がりませんからね

このエアサスもトラブル色々ありました・・・

  • 出先でコンプレッサー死んでエアーが溜らない=車高が上がらない。
  • エアー漏れでだんだん車高が下がってくる
  • ジャッキアップ時エアサス破裂→ショックのストロークとエアサス部分の長さがあってなく使用不能。オーバーホールで修理後エアバック部分が長くなってましたね。

と他にも色々と・・・と関係ない話はここまでで

外した工程を逆に純正ショック取り付けていきます。

取り付けました。タイヤ外すところからでも10分ほどです。

短いショックをつける場合は穴に届かない場合があるので、そのときはこの部分をジャッキで上げてあげると穴に届いてボルトを差し込めます。

ショックは縮めると元に戻ろうとします。外したショックは一向に戻ることはありませんでした。やはりショックは死んでいるのは間違いなかったですね。

10分で終わる作業楽勝と思い逆サイドに。

ここでとんでもないトラブルに・・・次回

 

 

ショック交換でとんでもないトラブルに

逆もささっと終わらして、ゴトゴト解消されたか車を走らせるのを楽しみにしていたのですが先ほどとは違いショックが外れません。

ボルトは上下とも外れたのですが、ショック本体が車体から取れなくなってるのです。

上はボルト抜くだけですので問題なかったのですが、下が全く動く気配もありません。

でも何とかして外そうと試みます。ショックを押したり、動かせる範囲で左右に動かしているとどうもゴムが固着しているようです

それを取るためにゴム部をちまちま引っかいてぼろぼろにさせて、ショック動かしてあれこれやって何とか外れました。

そしてここでとんでもないミスをしています。だがまだこの段階では気づいていません。

後はこのゴムを取り除けばそれで終わるそう思っていたのです。

ショック外してから2時間以上。何とかゴムも取れて、やっと終わったこれで純正ショックに交換できる!そうおもったのですが・・・

そうこの先端のボルト部分にまでしかショックの穴に入りません

プチパニックです。は?何で?

こういうことです。赤矢印のところショック本体にゴムがありその中に車体につける穴があるのですが、そのゴムごとごっそり車体に残したままショックだけが外れてしまったのです。

ということはゴムが綺麗に取れても、ショックの部分の筒状の金属がまだ車体に残っているってコトです。

ぶりはむ
ぶりはむ
ここで本当にどうすべきか迷いましたよ。ショックつけれないから走行不可能。修理にももっていけないと・・・
だから最初から修理に持って行けといったんだ
ぶりはむ
ぶりはむ
本当にそう。なので安易にやってみようはやめておいたほうがいい。チャレンジは必要。でもリスクは考えないとね 

無理に

無理矢理外したショックでやらかしたトラブル

さてここからどうするか?考えました。

このとき頭の中では最終手段がありました。それをすることになります。

この車体に残ったショックの一部筒状金属。

グラインダーで車体の軸寸前まで削り、抜くのではなくはがせるようにもっていこうというわけです。

こんな方法が正しいか解りません。ただ以前ロックナットをなくすというやらかしで、3本は小さめのソケットカチこんで回す方法で成功したんですが、1本どうしても回らず今回のようにロックナットを削り落として外したことがあるのでやってみようと決めました。

タイヤハウスの中という窮屈なやりにくい場所で、そして危険なグラインダーを使っての作業。絶対真似しないように。

 

ぶりはむ
ぶりはむ
最初はメガネなし、短パンという無防備にも程がある格好でしてましたが狭い空間で火の粉が熱いのでしかり保護メガネつけましたよ 

削っていきます。少し軸が見えてます。が全く動く気配すらありません。更に削ります

4方向削り、うすくうすく車体側まで行かないように注意しながら2時間以上格闘していました。腰も痛くなってきます。

削って隙間見えたら、マイナスドライバーでこじ開けたりまた削ってを繰り返し

何とか外すことができました。無理やりです。でも何とかなりました。

黄色い部分が残っていたので、ショックの塗装が劣化して固着していたのかなと思います。

ぶりはむ
ぶりはむ
これ、ショック本体があるままのほうが外しやすかったのかどうなのかが気になるところ。まあとれてよかったよ 

純正ショックに交換して作業が何とか終わらせることができました。

ショック交換終わったので走行チェック

これで大丈夫だろうと。一番怪しいと思っていたショック交換したのだからと・・・

それがそうでもなかった・・・

低速でバックしてるとゴトゴトと最初に比べると小さくなってる気がするが・・・

ダメだ気になるレベルだ!ショック交換しても問題解決には至りませんでした。

また原因探るべく、もう一回足回り見て触って、揺らして確かめてると

車体を上下に揺らすと音はしない。が横に揺らすとコンコン音がする。

下にもぐりこんで、部品揺らして違う違う、どこどこと原因を探す・・・

ホイールの隙間からなんとなく指すを揺らしてみるとコンコンと

これや!と

サス上部についているゴムをはずしていたんですよね

何外してんだよ! 
ぶりはむ
ぶりはむ
エアサスつけてるときに外してる部分だったからそのままにしてた

まあ車にずっと置いていたんで、つけてみたんですよ。これ付けずに数年乗ってますが音なんてならなかった

サスの上部に先ほどのゴムが付いています。これでしっかりさすが固定されて動かなくなります。

つける前は少し動いていたので・・・

元にもどして車体揺らしても、音はならない、サス揺らしても音はならない。

こんどこそと走行。明らかに音は減少しました。

がたまに『??』と音がきになることがありましてが敏感になりすぎている部分もあるのかなと。それでも改善はされたので何とかなりました。

あとは長距離走行してどうなるかですね。

ショック交換からはトータル7時間以上かかりましたよ。

最初の出だしなら30分で交換できると思いましたからね

ぶりはむ
ぶりはむ
ここまでお読みになってくださりありがとうございます 

今回の続き→

車のゴトゴト。以前の改善で音は解消したのか?長距離走行で確認してきた車の左後方からゴトゴト音。明らかに足周り。整備士に見てもらった結果・・・...

最終的にやって解決した記事→

車のリア左からのゴトゴト異音解消。これまでにやってきたことを4つ解説。車のリア左からの異音解消。最後にやったことは?これで異音編終了...

 

YouTubeちゃんねる開設しました。[かすたむ・くえすと]YouTubeちゃんねる開設しました かすたむくえすと YouTubeちゃんねる チャンネル登録よろしくお願いします。モ...
カスタムペイント解説まとめ小物ペイント https://www.youtube.com/watch?v=j5UBLeZc1Jc&t=60s ...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA