車関係・整備

車のリア左からのゴトゴト異音解消。これまでにやってきたことを4つ解説。

この記事を書いてから、異音も無くなり2週間後にこの車で旅行に行ってきて

450キロと長距離走ってきましたが、一切異音は出なく安全に走れたことを報告しておきます。

結論

車に違和感を感じたり、今回のような異音が感じて気になってしまうようだったら

直ぐに修理工場、またはオートバックスに持っていこうって話です。

普通の人はそうするって。異音が気になれば修理工場にもって行く
ぶりはむ
ぶりはむ
まあ私は何でもやりたがる人なんですよね。もちろん興味あるものだけ

でもそれだけでは、自分のコンフォートゾーン(自分の心地よいエリア)でしか動けなくなり、やることが狭まってくるので色々自分の知らないことも経験するほうがいい。

たとえば

  • いつもと違うお店で買い物するとか
  • やったことないスポーツやるとか
  • いつもと違うお酒飲んでみる

といった簡単なことでも何でもいい。自分の違ったところが発見できるかもよ

ん??何の話してんの? 
ぶりはむ
ぶりはむ
うん。全く関係なかったね。色々と経験することは大事だよってこと

今回最後に調整したもの

前回の記事で→何の音?車リアから聞こえるゴトゴト音。3つの方法で解消できた?私のやったこと

に書きましたが

これまでに

  1. 最初にマフラーブッシュ交換
  2. 一番怪しいと思った、ショックアクソーバー交換
  3. その時最後はサスペンションに純正ゴム取り付け

それでもダメで、オートバックスに異音チェックしてもらい→

そこで

整備士
整備士
ラテラルロッド純正にもどしたら解消されると思いますよ 

といってもらって、付いてるものは調整できるラテラル付いているから、

調整できたらもしかしたら異音がなくなるんじゃないかなと

やったのですが、ボルトがさびやら何やらで固着して動かなくなっていました。

ラテラルロッドの調整

本来は左右のボルトを緩めて、ラテラル本体を回せばつっぱり棒のように縮めれる構造になっているので、

左に寄ったタイヤを元の位置に戻せるのですが片側ボルトが全く緩みません。

とりあえず本体を外そうとしますが、これも固着していましたが

556かけてハンマーでたたいて振動を与え、ボルトが回るようにして何とか外せました。

外せればボルトが回った本体側を回して、ラテラルを縮めることができるので短くし

何とか今までより短い状態で取り付けることができました。

ラテラル調整して、走行してきた結果

 

なななんと、異音が全くしなくなりました

やはり原因は整備士さんがおっしゃってたとおりで

左にタイヤがツライチになっていて、本来右と同じような位置についていないといけないのに

無理やり左に押し出すようにつっぱってラテラルが付いていました。

それが異音に繋がっていました。

 

ぶりはむ
ぶりはむ
正しいものを正しい位置につけていないとダメってこと 

 

正直異音がなくなるまで、本当にラテラルで直るかなって思っていましたが

これで安心して車に乗れます。

今回の車異音は

 

これで解決できたのでこの記事も終わりです。

作業たのは私だけですが、他者の整備士さんの目をいれることによって

自分が気づかなかったところを指摘してもらい、異音改善に繋がりました。

自分で考えすぎないで、他の目をいれることは必要ですね。人に言われたことをそのまま受け入れるのではなく自分で考えて行動して、自分なりに落とし込むことも大事です。

人にこういわれたから、あの人はこう言っていたとそのまま受け入れていては良くありません。

人の意見は参考にしましょう。全て受け入れるのではなくて

 

完結!!

ぶりはむ
ぶりはむ
ありがとうございました。
  1. 何の音?車リアから聞こえるゴトゴト音。3つの方法で解消できた?私のやったこと
  2. 車のゴトゴト。以前の改善で音は解消したのか?長距離走行で確認してきた
  3. 今回の記事

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA