エアブラシ初心者

エアブラシペイントのクリヤー。スプレーガンが使えないときの別の方法

エアブラシで色々とカスタムペイントや絵を描いた後は

クリヤーで仕上げて、コーティングすることで絵やペイントの保護するとともに

クリヤー前に比べて発色もよくなり、磨き上げてよりピカピカに。車のような

いやそれ以上に綺麗に仕上げることができます。

クリヤー後磨き前↓

磨き後↓

この絵はA2サイズ(420×594mm)と大きいので、これをエアブラシだけで

クリヤーを吹いていくというのは無理があります。

ぶりはむ
ぶりはむ
クリヤー以外の絵は、口径0.3のエアブラシだけしか使ってないよ 

こういったスマホのハードケースだけなら、エアブラシだけで全て仕上げて磨き上げるところまでまで完成できます。これもエアブラシ0.3mm

 

がどうしてもスプレーガンが使えないエアブラシしか選択肢が無い場合があります。

その場合の選択肢をいくつか解説していきたいと思います。

エアブラシとスプレーガンの大きな違いは?

一番の大きな違いはノズル口径の違いです。

これはノズルを保護するノズルキャップですが、先端の穴の大きさが違うのがわかると思います。

左から0.2 0.3 0.8 1.3 1.5mmのノズル口径のノズルキャップです

実際のノズルの大きさはこんな感じです。

ここから塗料が出るので、ここの大きさが違うと塗料の出る量も変わるってことですね。

エアブラシでは0.2~0.8mm

スプレーガンは1.0~3.0mm

ぶりはむ
ぶりはむ
3.0とか大きい口径は粘度の高い、ボンドとかに使ったりするみたいね 

 

こういう口径の大きさがあるのでエアブラシで吹くと、

塗装の膜圧がスプレーガンより薄くなってしまうので

次の工程の磨きでクリヤーを越して絵の部分まで削ってしまう可能性があります。

できればスプレーガンでやりたいところです。

エアブラシは口径が小さいのでその分塗料を希釈する=膜圧が薄くなります

 

ぶりはむ
ぶりはむ
エアブラシ一般的なのは口径0.3。今回使ったスプレーガンは口径1.3。1mm違うと吹ける量も変わります。 

 

 

 

小型コンプレッサーでできるエアブラシとの組み合わせ

どうしてもエアブラシしかない、小さいコンプレッサーしかない場合はできないこともありませんが

こういったエアブラシ最大口径の0.8mでやりましょう。さすがにエアブラシ0.3は厳しいです。

ぶりはむ
ぶりはむ
厳しい理由は、0.3mmで吹ける幅を常にウェット状態で全体を吹き続けるのはかなりハード。できないこともないけどね。しかもカップが7ccと小さいから直ぐ塗料なくなるのよね 

上のエアブラシに合うコンプレッサーは

私が実際に使っていたおすすめはセットは

エアブラシ口径0.8mmに

このセットを使うようになってから、かなり塗装の幅が広がりました。
この0.8mmエアブラシは簡単に手に入らないかも知れませんが(リンク先は売り切れ)
小型コンプレッサーでペイントできる幅を増やしたいという方は是非探してください
『PC-308』で直ぐ見つかります。

それもできない。今のままで何とか・・・

って方もいると思います。

どうしてもって場合は

この缶スプレーで仕上げましょう。チャレンジしてみましょう

これは2液の缶スプレーになっていて、缶に底?をプッシュすると液体が混ざり

2液のウレタンクリヤーになります。

2液に混ざるので使用期限があり12時間で使えなくなるので、少しだけっていう使い方ができませんね。

缶内のエアー量が決まっているので、エアーがなくなるぎりぎりまで使わないようにしましょう。エアーが足りないと塗料だけがブスブスっとでてしまい、仕上がりが悪くなります。

 

ぶりはむ
ぶりはむ
他のボデーペンシリーズのクリヤーに比べて断然綺麗に仕上がるのでおすすめ。どうしても選択肢がないならこれでやって見てもいいよ。 

 

カスタムペイントまとめ

 

☆こちらの記事もおすすめ☆

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。