• 最新記事
  • エアブラシメンテナンス

    エアブラシのボタンが戻らない!!簡単に直す方法。メンテナンス編

     

     

    動画作りました。参考になると思います

     

    エアブラシをつかっているとプッシュボタンが戻らなくなってしまってしまうことがあります。

    ボタンが戻らないということはエアーが出っぱなしになってしまいます。

     

    状態が悪くなると、エアブラシを手から離してもエアーはとまりません

     

    急にボタンが戻らなくなるといったことでもなく、徐々になんとなく戻りにくいなと思っているとその内ボタンが戻らなくなります。

    ぶりはむ
    ぶりはむ
    私も最初のころボタンが戻らなくなって、気にしながらもそのまま使ってたら全く戻らなくなったのよね 

    原因は、

    1. 塗料がボタンの下の位置に塗料やシンナーが流れ込んでグリスがなくなった。
    2. メンテナンス不足でグリスの効果がなくなった。

     

    といった感じですので、グリスをボタンの下に塗ってあげればボタンの戻りは解消されます。


    グリスが切れたことによって、ボタンとの隙間に潤滑ができなくなって摩擦が起きてしまいスムーズに動かなくなってしまっています。

     

    初めてエアーがとまらないといった症状になったときは、対処法がわからなく塗料が固まってボタンが戻らないのかなと思って、ボタン位置にシンナー流し込んで押したりしていたこともあります。

    でもそのとき一時期は直った感じがしますが、結局問題は改善されていないので、時間がたてばまたボタンが戻らなくなります。

     

    ボタン周りをグリスアップするには、エアブラシをばらさないといけません。ばらす部分は

    キャップ→ニードル止めねじ→ニードルを外して

    そうするとボタンを上に抜くことで外れます。

    全部ばらしてエアブラシメンテナンス→

    エアブラシ-全部ばらしてメンテナンス&掃除の仕方  動画作成いたしました。動画でも参考になればと思います。 https://youtu.be/oo3OhruZgkA ...

    ここでも書いてあります。

    ぶりはむ
    ぶりはむ
    ボタン取ると塗料がこびりついてるかもね。付いていたら明らかな原因は塗料だ。

     

    ボタンが取れたら、塗料が付いている場合はシンナーで拭き取ってあげましょう。

     

    そしてグリスをつけてグリスアップします。

     


     

    潤滑剤ですね。ボタンを押したとき、離したときの戻りがスムーズになります。

    グリスはこれくらいつけます。あまりつけすぎなくても良いよ。

     

    ぶりはむ
    ぶりはむ
    またボタンの戻りが調子悪くなったら、またグリスアップしてあげればいいし。今回で覚えたので大丈夫でしょう?

     

    あとはボタンを戻して、戻すときは下のフラフラした棒をピンポイントで下のエアーが通る穴に入れないといけないので、入れにくいかも。

     

    中のスプリングが利いていて、外した押しボタンの穴がそのままじゃ元にも出せないから、

    スプリングもばらしてしまうか

     

    こうやって穴が見えるように、後方に引っ張ってあげて入れると入りやすい。

    ボタン戻して→ニードルもどして→ニードルねじ→カバーであもどしてエアブラシを組み付けて完成。

     

    簡単だったでしょ?

     

    これでボタンが戻らないといった現象が改善されます。

     

    ぶりはむ
    ぶりはむ
    エアブラシで吹き付けるときはエアーで調整して描いたりするからボタン戻らないって本当に困る。最初は原因がわからなかったからね。自分がわからなかったことをこのブログで書いていこうと思います

     

    注意点としては

     

    • 外した部品はなくさないように。特にニードルネジ。
    • ニードルも繊細な部品なので曲げてしまわないように
    ぶりはむ
    ぶりはむ
    せっかくメンテして、ボタンの戻りがよくなったのにニードル曲がって使えないってなってしまったら、やる気おちてしまう 

     

    全てばらしてメンテしよう

     

    COMMENT

    メールアドレスが公開されることはありません。

    CAPTCHA